遠隔監視:LAN経由で各種信号を伝送できます

トップページにもどる

ユニバーサルラインの信号を
          ネットワーク伝送

  LAN使用で配線コスト削減!

  インターネットで全国一元管理!

  無線使用で置くだけ伝送!

LAN経由遠隔監視 Local Area Network

LAN経由伝送データ通信 1ソフトで最大16伝送ラインまで対応

 信号入出力エリアから離れた場所で監視計測等をおこなう場合、既存の構内LAN等を経由すれば、パソコン・伝送親機間の工事が不要になり、工事費用を削減できます。
 監視計測ソフト「MGM」は、16台までIP通信が可能です。工場・エリア別に集約されたデータを一元管理することが可能です。


LAN経由相互通信システム パソコン不要で接点伝送

 2台の伝送親機間で128bitずつデータを交換します。それぞれの伝送ラインには標準の伝送ユニットが使用できます。
 通信が一定時間不通になった場合はエラー信号を出力し、相手側のon信号をoffにする機能があります。


光ケーブル経由の伝送通信 IP化されていれば何でもOK

 IPアドレスで通信できていれば対応可能です。1対1の場合はシリアル通信タイプ(RS-232C・9600bps)の伝送親機もあります。


ユニバーサルライン導入事例
公共施設
光ケーブル接点相互通信
 施設内の離れた地点で、IP変換した光ケーブルで接点信号を入出力しています。
 故障や防犯信号を監視盤や表示盤へ簡単に接点で渡すことができます。
LAN経由デマンド監視  受電室に近いところでメインユニットをLANに接続し、離れた事務所のパソコンでデマンドを監視しています。
 デマンドパルス用のケーブルを長距離延長しなくてよいため、工事費とノイズ混入のリスクを抑えられました。


LAN対応機器【メインユニット型番】
伝送タイプ 製品型番
標準タイプ(256bit) 【PUXⅢ】(LAN_I/F付メインユニット)
相互通信タイプ(2台セット・各128bit) 【PUXⅢ-NET】(LAN相互通信用メインユニット)
オンボードタイプ(伝送無) 【PUXⅠ】(I/F付き直接I/O・アナログ4+カウンタ4+出力2)




Copyrights(C)2013 豊中計装株式会社
tk@toyonakakeisou.com  (豊中計装メインページ)

〒561-0841 大阪府豊中市名神口3-7-13
TEL:06-6336-1690 FAX:06-6333-2451